こんにちは。お久しぶりです。
今回も恋愛系の記事を書いていこうと思います。
私は三週間ほど前、日本に帰国したのですが、同時に一年同棲していたフランス人彼氏と離れ離れになりました。 過去に三年間遠距離恋愛をしていたので慣れているといえば慣れていますが、今回は一年間同棲した後の遠距離恋愛なので以前とは少し感覚が違ってくると思います。
離れ離れになって正直最初の一週間は本当に辛かったです。私が彼を「フランスに見捨ててきた」ような感覚に陥り、申し訳ないし寂しいし飛行機で隠れてたくさん泣きました。

少し話がそれますが、男女のパワーバランスをご存じでしょうか。俗にいう「女が追う恋愛はうまくいかない」というアレです。男女不平等に思えるかもしれませんが残念ながらこれは事実だなと私の経験上感じています。
この状況で、私が絶対にしてはいけない「男女のパワーバランスが崩れる行動」は何かわかりますか?それは、

「帰国後、彼なしでは日々が充実していない(´;ω;`)」ということを伝えてしまうということです。 

このミスは本当にたくさんの女性たちがやらかしていることだと思います。ついつい寂しくなって、彼に会いたい一心で、そして不安で…。 
 「今すぐに会いたい。でないと寂しくて死にそう。」
 「寂しくて仕事がはかどらない。今度いつ会える?」
 「私がすぐに会いに行くからね!!」
こういった本音を言われて男性はどう感じるでしょうか。おそらくほとんどの男性がどれだけその女性が好きでも本能的に「怖い。逃げなきゃ。」とか「うわ。重いな…」と思ってしまうのです。

ですので、帰国後私は彼に、少しは可愛げを出すために「悲しかった。」(寂しいとは言わない。)と言いましたが、意地でも「泣いた。」とか「彼のことばかり考えている。」とは言いませんでした。むしろ友人や家族に会うなど、帰国後の生活を充実させてこちらから連絡を取らないようにしていました。すると彼から毎日メールが届き、愛の言葉をもらい楽しい会話をしたり良い関係を今も保っています。^^

男女のパワーバランスについてもう一つ具体的な例を少しお話ししたいと思います。
私の友人(女性)は、ある男性と付き合って約二年経とうとしていたある日、突然男性から別れ話を切り出されました。友人はパニック。その場で大泣きしすぐに私に電話をしてきました。

実はその友人と彼氏の恋愛を私は正直「よく二年も続いたな」と思っていました。なぜかというと圧倒的に友人のほうが相手の男性より「好き」の気持ちが大きかったから。いわゆる男女のパワーバランスの逆転です。 ただお互い初めてのお付き合いということもあり一回目を大切にしていたのだと思います。お泊りに行ったのもかなり早かったように記憶しています。(これはするべきではないです。男性は基本すぐに手に入ってしまう女を大切にしません。) 幸か不幸か、二人とも仕事が忙しかったので実際に会うのは月に一回程度でした。これがうまく障害になって近づきすぎない関係を保つことができて二年もったのかなと推測しています。

男性が別れを切り出した理由、をれは「他の人(女)も見てみたい」。要は飽きられたんですね。彼女は復縁を求め私にどうしたらいいか泣きながら電話してきました。明日彼氏宅に話し合いに行くと。

私の答えはただ一つ。もし別れたいと彼に言われたらこう返す。

「わかった。」この一言。

まちがっても泣いてすがり付いてはいけない。自分の荷物を全部持って帰ってくるべきだ。と。

友人はつらい気持ちを押し殺し、言われた通り別れを受け入れて帰ってきました。

数日後何が起こったと思いますか?その男性から友人に電話がかかってきて「やっぱりやり直したい。話がしたい。」と。
私はそれを聞いたとき、「やっぱりな。」と思いました。そうなんです。あの時泣きながら別れたくない!と一転張りしていると一生復縁はなかったと思っています。
その後、友人にもう二度と自分から彼の家に行くなと言いました。友人は毎回1時間もかけて電車で彼の家に会いに行っていたのです。
男に会いに行ってはいけない。会いに来させるべきだ。これは私がとても大切にしている考え方です。男に努力させる恋愛は長く続きやすいし、大切にしてもらえることが多いです。

今の彼や夫、彼氏候補の男性とのパワーバランスをしっかり見直して、長く愛される女性になってください。(*^-^*)



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です